細かく調べてから分配してくれる

生前贈与がないか調べる

兄弟の中に、遺産を生前贈与された人はいませんか。
その場合は残された遺産を平等に分けると、その人だけ多いので金額に差が出ます。
平等に分けるためには、生前贈与されていないかも調べなければいけません。
自分で調べるのは大変なので、弁護士に任せてください。
弁護士はすぐに調べてくれるので、スムーズに遺産を分配できます。

平等に分ければ、みんな満足するでしょう。
不公平に分けるとトラブルの元になるので、必ず平等に分けてください。
後から文句を言っても、遺産を取り戻すのは難しいです。
また自分が文句を言われた場合は、反論しないで弁護士に相談してください。
自分で反論すると、トラブルが大きくなって事件に発展するケースが多いです。

遺言がないか確認しよう

基本的に故人が遺言を残していた場合は、それに従って遺産を分配します。
弁護士は遺言がないかも調べてくれるので、故人の意思を尊重することができます。
例えば兄弟がたくさんいても、老後の面倒を見てくれたのは1人だけかもしれません。
親としては感謝の気持ちを込めて、面倒を見てくれた子供に多くの遺産を遺したいでしょう。

遺言に兄弟1人だけ多く遺産を与えると記載されている場合は、それに従わなければいけません。
兄弟は多く遺産をもらうために、遺言の存在を知っていても隠しているかもしれません。
弁護士なら、隠されている遺言を見つけてくれるはずです。
もし自分の取り分が少なくても、そのように記載されているなら大人しく諦めてください。